LOVE in Action

最近のトラックバック

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の記事

倉敷春宵あかり

倉敷春宵あかり
倉敷春宵あかり
倉敷春宵あかり
美観地区にて昨晩から開幕〜と言うことで春宵ならぬ春酔い気分で覗いてみました。
いつものほの暗い美観地区の夜間照明にプラスして、提灯、灯籠、ぼんぼりなどの明かりがほのかでよい感じです。
日本の夜はもともとほの暗いもの、このまちらしいイベントにしばし酔いしれました。

玉島「蔵」しのうどん

玉島「蔵」しのうどん
玉島「蔵」しのうどん
倉敷の玉島には しのうどん てもんがあります。
これがビックリする太さで長さも一メートルを超えるとか!
最近そのしのうどんが町おこしの一貫で、玉島のお店のメニューにあがってきました。
麺を語るのにただの飯屋ではつまらないと言うことで、玉島の名店「蔵」で味わうことにしました。
しのうどんは店ごとに色々なメニューで出されるのですが、蔵ではカレーか鍋焼きです。
迷わずカレーにしました。

出てきたしのうどんは一見普通ですが、ひとすくいすれば違いは明らか!
太さより平べったさが際立ちます。素麺が盛んな備中地方の乾麺のためか、なめらかで伸び腰のある麺です。これはこれでおもしろい!
なめらかマイルドなカレーの秀逸とあいまって、完成度の高い逸品でした。
麺がなめらかで太いだけに出汁はね要注意です!(笑)

sacra

sacra
sacra
ここんとこ、美観地区のさくらwatchをしています。
今日はピンクに色づくつぼみも先が開いてきました。この連休中には開花でしょう!
美観地区では今夜は春宵祭り、21日は音楽祭、三斉市、桜祭りとイベント目白押しです!

知研「高島の歴史と自然」

知研「高島の歴史と自然」
児島湾に浮かぶ高島。
自然の話と歴史の話ってやっぱリンクするなぁと。
新岡山港から1分の島ですが凄く多様ですごく歴史があり凄く可能性がある。おもしろいなぁ。
二次会は人生の大先輩方と対論?
地域で町おこしや環境活動を実践してきた実績は確かに重いし有無を言わさぬものがあるが、ほんとに今もそれでいいのか?!
自分の時代に合っていて、地に足の着いた活動はどうすればよいか?

ホントに思いだけでいいのか?
でもまずは行動。現場主義!
悩みは尽きません(笑)

岡山市「天神そば」

岡山市「天神そば」
岡山市「天神そば」
岡山市「天神そば」
もしかしたら岡山一の有名店かも。ってくらいのお店です。いろんな意味で
でも初訪問なのです。
だって平日の昼しか開いていないし、並ぶのイヤだし(笑)
場所は桃太郎大通、シンフォニービルのトイメン辺り。

小ぎれいとは言いがたい味のある扉を開けると 味のあるおっちゃん一人それに味のあるおばちゃん三人
荷物を入り口横の棚に適当に置きます。他の客の荷物でついっぱいなら重ねます。
カウンター上のメニューから5番を頼みました。ここは番号制で5番は大盛玉子入りです。
まったりしたおばちゃんたちの会話を横に沸き立つスープを眺めつつしばし待ちます。

しばしして出てきた麺はストレート。チャーシューは多め、出汁の見た目はいわゆる醤油ラーメンですが、濃さが違います。濃厚。とろ〜り気味です。
流石に出汁が濃密で美味いわ。
ま、それなりの値段ですので旨くなけりゃただの小汚い店になってしまうんですが、旨い上に珍しいタイプの出汁なので、満足させてもらいました。

名古屋北区「本店鯱乃屋」

名古屋北区「本店鯱乃屋」
名古屋北区「本店鯱乃屋」
名古屋北区「本店鯱乃屋」
今年は国際生物多様性年!
名古屋でCOP10(第10回生物多様性条約締約国会議)も開かれます!
といっても生物多様性を知ってる人って一年前で3割くらいなんだよなぁ。

さて、名古屋の名物は概ね食べ尽くしたと思っていたのですが私としたことがぬかっておりました。
それは「カレーうどん」流石COP10開催都市
麺類の多様性も豊富であります。
な訳で、カレーうどんと言えば!か「本店鯱乃屋」であります。
場所は地下鉄黒川駅から100m
お昼時とあってカウンターのみ15席の店内はいっぱいです。
勿論「カレーうどん大盛」を
なんかデカいのが乗ってるで!揚げでした。
かまぼこ入ってるで、あとはネギと肉かな
まったりしたルーはマイルド普通にご飯でいけます。
特質は麺の太さ!
倉敷市内で調査予定の某麺を除けばもっとも太いんじゃないでしょうかってくらいの太さ。
硬こしもほどほどでおいしくいただきました。

それにしても謎なメニューがいくつか
「さしみうどん」やら「コロ中華」やら並んでおります。なんじゃろか?
住所:名古屋市北区田幡2-14-1
電話:052-915-8156
木曜日休み

なりわマラソン

なりわマラソン
なりわマラソン
マラソンと言っても最長で5km未満。
幼稚園児の伴走で1.4kmコースに出るつもりだったのですが、受付を済ますと ありゃ2.6kmコースではありませんか!

ろくに練習してなかったのでどうなるかと思いましたが何とかついていけました。
子供は途中流血沙汰になりましたか、泣きながらも最後まで走りきり一安心でした。
ようガンバった!

倉敷「幸楽」スペシャル

倉敷「幸楽」スペシャル
倉敷「幸楽」スペシャル
スペシャルと言っても大特集!
とかではありません。
メニューのコトです。
以前紹介しましたが、シンプルメニューの幸楽さん
ざる、素うどん、天ぷら、肉、月見 しか在りません。が、常連さんたちの注文を聞いてると「肉玉!」「肉天!」「天ぷら玉子とじ!」
なんて具合に既存メニューの組合せは自由のようです。(肉ざる〜とか、月見ざる〜とかはないと思う)
でトッピング系の肉、天ぷら、月見すべて入ったのが、もうお気づきですね「スペシャル」な訳です。
で、勇気を出して「スペシャル」を注文してみました!
これで常連さんの仲間入りか。
と思ったらお隣さんが「スペシャルとじ」
上には上がいらっしゃいますなぁ。

鬼ノ城ハイク

鬼ノ城ハイク
鬼ノ城ハイク
鬼ノ城ハイク
日曜日天気が回復したので総社市にある鬼ノ城に行ってきました!
この城、戦国時代などに見られる天守のある城ではなく、古代の山城です。
この辺りはかつて吉備王国の中心として栄えた場所で、麓の平野には巨大な前方後円墳も多数見られます。
400mちょっとの所にあるためガッツリ山登りのつもりだったのですが、以外やかなり上まで車で行くことができます。
15時くらいに着きましたが春の陽気に誘われてか駐車場は結構いっぱい、本格的なハイカーから私のようなお気楽家族づれまで結構賑わってました。
城の外壁周りと内側それぞれにコースがありますが、フラットな山麓に築かれているせいか割と楽に歩けました。

再現された西門は勿論ですが、その他の遺構も数mはある石垣が山頂にそびえるなど迫力満点でした。それにしても良くこれだけのものが造れたか、正に鬼の仕業ですね。
そしてなんと言っても圧巻な眺め、岡山市内は勿論霞んでいなければ四国まで望めるそうです。

爽やかな小春日和、古代ロマンに思いを馳せてのハイキング、ウグイスの初鳴きも聞けてなかなか楽しめました。

アマモシンポジウム

アマモシンポジウム
アマモシンポジウム
土曜はうどんを食いに岡山に出たのではなく、こちらがメインでした(笑)
アマモは海岸のごく浅い砂地などに育つイネみたいな海草です。
卵を産みつけたり仔稚魚が育つ場であるため海のゆりかごなんて言われてます。

この日は県の元&現研究者の講演のあと県内各地の漁労者、民間環境保全活動家の事例発表とシンポジウム。
アマモが海のゆりかごであることは知っていたのですが、一見何もなさそうな砂浜の波打ち際もゆりかごであることを知り少し驚きました。

事例発表は漁労者たちの思い出話と活動の歴史が圧巻で、とても持ち時間10分では足らない感じでした。

アマモは岡山近海では濁りの原因となった海砂利採取が禁止されたため少しずつ回復していますが、それに見合う漁獲は回復していない、次の世代まで続けられないのではないか、などまだまだ課題は多くあります。
かつてアマモがなくなってからも暫くは漁獲高は安定していたようですが、これはアマモがあった頃の栄養分の貯金ためではないかと言うことで、逆に回復しても直ぐには漁獲高に結び付かないのかも知れません。

色々あった話の中で特に印象的だったのは、日生で23年間活動をつづけてこられたの本田組合長の「次の世代が漁業で食っていけるよう自分達は努力を続けてきた」と力強く語られていた事でした。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »