LOVE in Action

最近のトラックバック

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の記事

プロジェクト進行中

プロジェクト進行中
我が家では、現在、植物のプロジェクトが2件進行中です!
一つはゴーヤを使った緑のカーテン。
最近マスコミにもよく出るので知っている方も多いと思いますが、要はツル植物を夏の日差しの日除けに使う訳です。
コレが種まきを少々失敗したようで、10粒中4粒のみ発芽、なんとか3株は形になりそうと言う丁重な成績。
春先寒かった時期に外に出していたのが失敗の原因でしょうか。
これからに期待です。

もう一つは、「備中棉プロジェクト」
かつて玉島で盛んに栽培され特産品にもなっていたが、その後時代とともに衰退した備中棉をみんなで育てて増やし復活させようと言うものです。
ついでにとれた棉は、みんなのを集めてアートに使っちゃおう!
と一石二鳥の壮大なプロジェクトです。

実は、昨年も知り合いから綿の種を頂いて蒔いたのですが、見事発芽ゼロ!という不名誉な結果でした。
これがトラウマ(そこまでオーバーではないのだが)となり、今回のプロジェクトは少々腰が引けていたのですが、説明書を読んで納得。
棉の種まきって風呂温水法とやらで下処理する必要があるようで昨年の失敗はこれをやらなかったためのようでした。
ちなみにこの方法、種を42℃のお湯に浸け8時間かけて徐々に25℃まで水温を下げなければならないという、誠にめんどくさい方法なのですが、風呂の蓋を少し開けて朝まで置いておくとちょうど良い条件に成るようで、この名が付いたようです。まさに農家の知恵。
で、試した結果!4粒中4粒、実に10割の発芽率で昨年のリベンジを果たすことができました!超嬉しい!
それにしてもやはり棉、発芽しても殻に綿が絡まりついてなかなか脱げないようで、2日たちましたがまだ芽が開きません(^_^;)

今後の進捗に乞うご期待!かな?

倉敷「天乃」

倉敷「天乃」
2才だったか3才だったか幼児禁制の店だったため足が遠のいていたのだが、久しぶりに行ってみると少し緩和されたようで、「乳児は月〜土12時〜13時はご遠慮下さい」になっていた。
ま、あんなに混んでたら土日の昼間はいかないかな。

倉敷市粒浦758-1
月曜日、第二第四日曜日休み

生物っておもしろい!

生物っておもしろい!
生物っておもしろい!
生物っておもしろい!
倉敷にある岡大の資源生物科学研究所の一般公開イベントタイトルです。
普段見ることのできない研究所の内側がちょこっとだけ見られました。
子供向けのクイズ、見学会もあるけど、
ツタンカーメン?のエンドウや宇宙ビール、屋上緑化なんかもあって大人も興味津々のイベント。
お土産もカーネーションや地球風船、トウモロコシの苗までもらって、なかなか満足でしたが、
普段表に出てこない研究者たちが、悪戦苦闘しながらついつい専門用語混じりで子供達に説明する姿が一番滑稽でした。

岡山市「かめや」

岡山市「かめや」
岡山市「かめや」
久しぶりのかめや 相変わらず盛況です。
こんなに優しい麺だったかなあ。
もう二玉はいけるかなあと思ってましたが、帰宅してみると晩飯もうどん(くさまやの冷凍麺)でした(笑)

「本当の環境問題とは何か」丸山教授講演会

地球温暖化懐疑派の急先鋒
東京工業大学 丸山茂徳教授の講演会に参加。
自信満々の先生でしたが、その通り話に引き込まれあっと言う間の1時間半でした。
地球が温暖化するか寒冷化するかは5〜10年すれば決着は自ずとつきそうなので置いとくとして、非常に真摯に環境問題を考えられていることに感銘。
「戦争はイデオロギーでなく人口圧(増加)が原因で今はその危機。」もっともです。

温暖化にせよ寒冷化にせよ今すべきは省エネ・省資源対策。
政府やEUの掛けている看板がもし間違っていても、自分達の取るべき方向性は間違ってはいないようだ。

生き物のお話と生物多様性のお勉強

生き物のお話と生物多様性のお勉強
生き物のお話と生物多様性のお勉強
アスエコさんにて第2回の生物多様性の勉強会、その前にWWF大倉さんによるファミリー向けの生き物イベント。
最初のイベントはシギやチドリなど渡り鳥や干潟の生き物をメインにしたもので、簡単なクイズやアクティビティもあり比較的わかりやすい内容でした。二時間あったけど子供も概ね飽きずにいれました。
後半の勉強会も大倉さんの講義でしたが、来年名古屋で開催される生物多様性条約締結国会議を中心とした話題でなかなかむずかったです。気候変動会議並みに重要と言うのは分かったのですが、国際的な課題が多く、地域レベルまで落とし込んで何を取り組むべきか繋がりにくいなあと。
ただその中でも、生物多様性の重要性をアピールするのに、生き物からとれる新薬の話題やレクレリエーション機能、マングローブ林を開発した場合と保護した場合の経済性の話(保護した方が圧倒的に経済価値が高い)などは、自分なりに落とし込めるかなあと。
それにしても、生物多様性の認知度って低いよなあ。
ちなみにいびつな世界地図はエコロジカルフットプリントという各国がどれだけ環境負荷を与えているかを現したものなんですが、日本でかっ!
やっぱりグローバルにも考えんといかんのですかねえ。

倉敷夜遊びⅡ

倉敷夜遊びⅡ
某なるかみやさんからの眺め。
東大橋邸のこの眺めはここでしか味わえません。
このお店も常連さんを大事にする倉敷らしいみせです。

高松「六平」

高松「六平」
高松「六平」
祝祭日に優しい店特集〜。
しかも夕方まで空いてるhi-quality店です。
と言うか言わずと知れた味噌煮込みの名店しかも!
何かよう分からんけど農林水産業賞受賞のお店です。
味噌煮込み以外は極めてノーマルですが、味噌煮込みは違います。
本家名古屋の名店達よりマイルド!
麺も固すぎず、食事中になれてきます。
名古屋より進化していると言っても過言ではないでしょう。(名古屋人が素朴な味が好き!と言えば別でしょうが。
ライバル不在にして孤高状態と思われます。
ちなみに大の方が生麺の影響で少々まったりぎみです。

エコドライブの勧め

この頃と言ってもしばらく前からエコばやりですが、かく言う私も実践中です。
ただし私の場合、エコロジーのエコと言うよりエコノミーのエコでしょうか。ま、結果それが環境保全にも繋がっているので良しとしましょう(笑)
で、本題です。燃費&経費を気にするため、車は軽四マニュアル車ノンターボFF、と、それだけでもかなりエコな訳です。
おまけに、運転もエコドライブのつもりだったので、燃費もコンスタントに16km/h前後とまあまあだったのですが、ここ最近は職場で知ったエコドライブを実践しています。
何でも体験した人ほぼ全員2割くらい燃費が良くなるとか。
で、最大のポイントはスタートです。20km/hに達するまで5秒をかけてじんわり加速すること。一見簡単そうですが、慣れないうちはこの5秒がかなり長く感じられます。
そしてアクセルはなるべく一定。
慣れてくると不思議と焦りがなくなって運転に余裕がでてきます。それにもっと燃費を延ばしてやろうとして、ちょっとしたゲーム感覚も味わえます。
私の場合、アイドリングストップは以前からちょくちょくやってたのですが、こちらも継続。
気になる結果ですが、只今2回続けて19km/hオーバーです!
正直ここまで延びるとは思っていませんでした。

エアコンがいらない季節とはいえ暑い日には多少使いましたし、アップダウンの強い細い山道や、少々苦手な高速道路もかなり走ってますのでまずまずの成果かなあと思っています。

これなら皆さんにもお勧めできるかなあと思います。
やはり使えるエコとはエコノミーとエコロジーの両立でしょう!

ただしトータルの燃料消費量でいくと、山で一時間くらい迷走したりと無駄も多かったのでトントンかもしれませんが(汗)

極限まで焼いてみた

極限まで焼いてみた
GWですので(笑)
結論。シャウエッセンが別の食べ物になりますた!
2ミリほどカリカリ。うま!

高松「三徳」山かけ鉄火うどん

高松「三徳」山かけ鉄火うどん
高松「三徳」山かけ鉄火うどん
高松「三徳」山かけ鉄火うどん
GWといえば帰省。我が家の場合四国。四国と言えばうどん!
なのですが、高速1000円の影響もあって超有名店はバカ混み。
で比較的空いてそうな実力店を攻めました。
場所はサンメッセそばの「三徳」。マグロで有名な見た目も有名な大将のお店です。
昼前に岡山道を通過。下り車線は今までに

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »