LOVE in Action

最近のトラックバック

« 2007年7月 | トップページ | 2008年4月 »

2007年8月の記事

松山踊り3日目!最終日!!

Matsuyamadance4 とりあえず終了しました。へこへこです。
それなりに盛り上がってました。
若い衆やとさで跳ねすぎ!!(^^;;
年甲斐もなく、帰って輪の真ん中で普通に踊ってやろうと気張ってしまいました。(^^;;;;

子供たちもまだ踊れないなりに1時間位輪について廻りましたし来年は少し期待できるかな。

それと、やとさは人が暴れすぎて踊り難いせいもあるんですけど、松山踊りのしっとり感が心底好きになってきました。
格好良く踊ろうと思うと単純な不利だけに奥が深~い!

松山踊り2007 2日目!

Matsuyamadance3 Matsuyamadance2 出張のため遅くなる予定が、少し早やまり21時まえに帰宅したのですが、それでも備中高梁駅に降り立つと結構な熱気でした。

今日は、松山踊りやとさおどりなどの地踊りだけでなく、市内数カ所で仕組踊りもありました。我が家の最寄りでも演舞があったようです。

私は実質ラスト1時間のみの参加でした。
心配された「やとさ」終了後の「松山踊り」の踊り手の人数も、連の方を中心に何とかなってたみたいです。

前半は連の参加がなくて(自主的なのは除く)かなり寂しかったようですが、後半は昨日と同じくらいでしょうか。

明日はいよいよ最終日。団体連も多数参加しますし前半から飛ばしてきいましょう!!

松山踊り2007 初日!

とりあえず終了です。
初めて(踊り)連のプラカード持ちました。
以外と踊り並に疲れました。(笑)
その後、浴衣・下駄履きに着替えたあと出撃!
最後まで踊りました。
初日から2時間以上踊ったのは久しぶり。
元気な「やとさおどり」はそれはそれで楽しかったのですが、松山踊りをしっとりと、いかに上手く踊るか。
年を重ねるごとに単純な踊りの奥深さに魅了されます。

主催者発表4万人の根拠は相変わらず不明ですが(笑)我が町なりに盛り上がっていたように思います。
明日は、終了前ギリギリ参加かなあ。

雰囲気を伝えられる良い写真が無かったのですが、とりあえず櫓入りの写真です。
Matsuyamaodance1

『川ガキ』保全中

Takahashigawa1 Takahashigawa2 Takahashigawa3
『川ガキ』一説によると絶滅危惧種らしい。
甥っ子が来たので、せっかくと思い、高梁川に連れて行く。場所は悩んだあげく小学校の前。
川魚の稚魚、スジエビ、カワニナなんぞが割と簡単に捕まる。
流石にこの時期、カワムシの類は減ってきてる。
子供たちはアメンボを見ただだけで大騒ぎなので、これだけ見つかると大成果だ。
これで川ガキが増殖するか!?
これも環境保全活動の一環か?!

それと、自分たちの前に、川辺にはなぜか10名位のおっちゃんがいた。声をかけると、ホタルの餌にカワニナを取りに来たとのこと。
それじゃあホタルの保全活動じゃなくて、単なる鑑賞用の箱庭造りだぜ!
カワニナから保全しな!
と思わず突っ込みそうになった。
活動するだけ立派だが・・・
どこの誰だろう。

盆踊り(ぼにおどり)

岡山駅周辺えらい浴衣が目に付くなあと思ったら、花火だったのねん。
夏祭りか~と思いつつ、うちもいよいよ「ぼにおどり」じゃのうと、血が騒いでくる。
駅前通りには既に提灯。
そう来週は 松山踊り。
踊りの輪まで徒歩2分。
浴衣は私の戦闘着。
Chochin
 松山踊りの話しをする時、相手から良く「夏祭り?」と言われるけど、私的には「夏祭り」ではなく『盆おどり!!』です。
 周りから見ればどっちでも良いんだろうけど、「盆」の成り立ちと語感の持つ“何処とないしっとり感”が好きなのです。

 県内の白石踊りや大宮踊り、有名な郡上踊りやおわら風の盆にしても、やはり『祭』の文字はにあわんと思うのです。
同じような考えの方はいらっしゃるようで・・・
http://www.ctt.ne.jp/~kgv/ikanarumono1.htm

最近食べた麺 うどん編

と言うわけで、出張先や休日に食べた麺ネタをいくつか。
その都度書くつもりがたまってしまいました・・・(--;
まず第一段は、うどんです!

■手打うどん シエ・トワ
こんなところにうどん屋が出来ていようとは、思いも寄りませんでした。
場所は、宇野港にそびえ立つ産業振興ビルの1階です。回り込まないとわからない、喫茶店然とした佇まい。そして、おフランスっぽいネーミング。
ですが、ここはれっきとしたうどん屋です。形式は一般店。メニューには変わり種系もありますし、トッピングも選べます。
しかし特筆すべきは、その麺でしょう。岡山では珍しい太麺の剛麺です。県内で他にあるとすれば「潮来」くらいでしょうか。(写真はおろしぶっかけ+温玉)
店の外の通路で見慣れぬ粉袋を見かけました“麺白桃香”な~んて岡山チックな名前。製造元は小田象製麺とのこと“象”ですよ!象!よく見れば児島に本社があるようで、製品には、赤象青象、白象、金象、寿象、力象など象シリーズのほか、児島らしく“ボート”なんて言う製品まであるようです。
それにしても粉やさんの製品のペットマークってなんでこうも愛らしいのでしょうか?!
Sie1Odazo
住所 706-0002 玉野市築港1-1-3 振興ビル内
TEL 0863-31-0611
駐車場 自称150台!港ですから 笑
営業時間 AM10:00-PM8:00 定休日 毎週月曜日
ソフトクリームもおすすめだそうです。


■麺蔵人
岡山を代表する麺と言えば かも川手延べそうめん ですが、その直営店です。
この時期は名物の流しそうめんが行われているため、凄い人でした。
ま、そんなイベントには目もくれず、うどんを食べてきました。
そうめんやのうどんですので、こちらも手延べ乾麺です。
子供のころは帝都のうどん(讃岐うどん)なんぞ知りませんでしたので、おいしい腰のあるうどんと言えば、手延べうどんが思いつくくらい。私のうどん好きのルーツはここにあるかもしれません。

で、食べたうどんはシンプルにざる。
食べ初めて気がついたのですが、耳(平べったいうどん。端っこの生地)の様なものが入っています。
へー、珍しいなあと思ってみていると、その数がえらい多い!よくよく見ると全ての麺の端がペシャンコ。
あとでわかったのですが、“乱麺”と言うタイプの麺のようです。手延べそうめんは、棒に引っかけてのばすため、工程上どうしても端は平べったくなるのですが、そこをあえて集めた麺のようでした。
もちろん味は問題なく、もちもちつるつる。独特の食感と腰は絶品です。
値段も普通の麺より少々安かったので、自家消費用に一箱買って帰ってしまいました。この夏はうどん三昧ですわ(笑
Rammen
住所 719-0241 浅口市鴨方町小坂東 1981
TEL 0865-44-1112 フリーダイヤル 0120-41-6868
営業時間 冬場 11:00~19:00 夏場 11:00~20:00
定休日 毎週水曜日

« 2007年7月 | トップページ | 2008年4月 »