LOVE in Action

最近のトラックバック

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の記事

奥津湖

仕事の様なもの?で苫田ダムへ行って来た。

ダム湖が望める総合案内所に立ち寄るとどうやら今日明日と納涼祭りのよう。ただし到着時はまだ準備中だった。残念。

ダム湖畔の道を走っていると、何やら赤い建物が目に入る。「Akakabe赤壁邸」というらしい。なんでもダム湖に沈んだ集落にあった古民家を再生したもだとか。

ちょっと高そうな外観だけどとりあえず入ってみる。櫓門をくぐると中庭を弁柄塗りの民家が囲む。建物のひとつがレストランのようだ。他の3棟はスタッフルームと・・・休業中???といった感じ。さっき聞いたら去年の10月オープンって言ってたんだけどなあ。レストランの中は右が洋食、左が和食、真ん中軽食コーナー&ちょっとした土産物屋。

みためのオサレさとちょっと違和感(チープ感・失礼!)のあるインテリアコーディネートにやや引き気味になりながらも洋食コーナーへ。パスタ中心のようなので、3種ほどチョイス。値段は1000円くらいでサラダバー付きである。ちなみに和食のほうは、タコとナマズがメインのようだ。肝心の味のほうは、予想外にうまかった。(^^;; 

建物も、味も良いだけに全体のコーディネート具合のチグハグさがちーと残念です。それと、案内がわかりづらい。院庄ICから赤壁邸ののぼりは多数目撃したのだが何のことやらわからない。奥津湖に着いても同じ。もうちょっとちゃんと宣伝すればいいのになあ。

食事の後は苫田ダムダム堤体へこちらもできて1年ちょっとなのでメチャきれい。ここのダムは非常用洪水吐は、全面自由越流頂で、ラビリンス型を採用ということなのですが???要はダムの天辺がギザギザにデザインされているのです!お城チックでかっちょいー それと折からの長雨もあってゲートからは放流中~!ひょーラッキー。ダムは放流中が華でしょう!現代美術館のような管理所の下にある展示館のほうは・・・・(--; でしたが、なんとこのダム、提体内に入れちゃいます!それも事前の申し込みなし。エレベーターで地下2階に下りるとそこはヒンヤリとした監査廊。そして展望室に入ると。。。おーゲートの真上ジャン!すじぇー迫力!

Tomatadam Tomatadam2 このあと上斎原の温泉と温水プールで遊んで帰ったわけですが、このあたりも昔に比べ道も良くなってなかなか遊べるエリアになりましたねえ。

自走式自転車?

通勤では駅から職場までミニチャリを利用している。車種はDAHON のBoardwalk、こいつが結構速く走れて感動。で、朝晩市内を爆走している(つもり)。

帰り道ふと反対車線側をみるとママチャリ(パワーアシスト付)のおっちゃんが併走している。ぎょえ!はや!でも、まあそのうちペースダウンだろう。

もうしばらく走って再び道路の向こうを見ると。ヒエ~バッチリ付いてきてる~恐るべしおやじ!と思ったのだが、何だか様子がおかしい???おっちゃん足をそろえたままで漕いでな~い。

自走しているのである!なんたるか~!間違いなく不正改造だなあ。おやじちゃんと原付プレート付けてメットかぶりやがれ!歩道を走るな!

駆けめぐるアドレナリンがBoardwalkを駆るわしの一足に更なる力を与えてくれた。爆走じゃ~。

sabrow海水浴

SabrowSabrow2

今年初の海水浴に行って来ました。

場所は、浅口市寄島の三郎島南海岸

梅雨の合間で晴れたのはよかったのですが、ここのところの雨で水は濁ってました。普段は、もっと澄んでいるようです。

それと凄い風で沖の方は白波も(^^;

ここは初めてだったのですが、比較的きれいな砂浜に海の家が一件。混み具合もぼちぼち。

この海の家、名前は「よしつね」と民宿っぽいのですが、中身はなかなかおしゃれ。スローミニュージックが流れるなか、大きなFIX窓の外はオーシャンビュー。ヨットとは行きませんが小型漁船や貨物船が目の前を通り過ぎていきます。瀬戸内ならでは。

メニューもボリュームあり、しかもデザートとドリンクまで付いて\880とリーズナブルなプレートを初め、フランス、ドイツ、イタリアなどのパンもあります。味も上品でばっちり。

ぷちリゾート気分が味わえます。以外と穴場かも・・・

穴と言えば、個々の名物は目の前の浜でとれる穴じゃこの天ぷら!シャコと言っても本当はヤドカリの親戚なのですが、これがまた旨い!特別味付けはしていないようですが、磯の塩味が効いてます。

これも一皿\500。Anajako

今度は、磯遊びのセットが必須ですな。

ちょっと得した気分になりました。

人工干潟

仕事で広島の廿日市まで行って来ました。

確か近くにはかの有名な(業界限定?)人工干潟があったはず!とおもって、地図を頼りに訪ねてみました。

おいおい、水鳥の干潟はどこ~~ かろうじてサギ一羽とカラス数羽を発見しました。

それと、スナガニちゃん。正直、ちょっと寂しいですねえ。

干潟と言うより砂浜かと・・・・ただ、聞くところによると現在の砂浜の形状は海岸工学上予測通りという話も・・・おいおい。

関東には某女性知事が天然干潟と勘違いしたほどの人工干潟もありますが、ここはこの先どうなるんでしょ うか?ちょっと心配。 Ca320027_1Ca320031

にわ

それにしても暑かった。

わざわざこんな日にしなくてもと思いつつやってしまう庭造り

2年間のブランクは大きくあれこれ手を加えたくなる。

ご近所が通るたんびに声をかけてくれる。>たまにはアドバイスもあり。

帰ってきたなあと思う瞬間。

とりあえず猫の額ほどの家庭菜園の土づくりと、花壇の造成。

菜園には子どもの鉢植えトマトを移植。

あとは、シソとネギ。取っても直ぐ再生される常用品のみ。

花壇の方は日々草やらインパチェンスごくありふれたやつ。夏らしく小さなひまわりも加えた。そう言えば、ひまわりと言えば人の背丈より高いものだと思ってたけど、近頃は丈の低いや、画家の名前の付いたものやいろいろあるねえ。

日陰には待望のホスタ!たまたまホームセンターで見つけたので衝動買いしてしまった。

イメージと技術と予算が伴わないのは毎度のことだけどまあぼちぼちと続けますか。

最近、よく子どもと散歩に出かける。改めてきれいに花とみどりを育てているお宅が多いなあと感じる。

七夕終わって

七夕が終わったと思ったら我が家には天からお客さんがやって来た。

本人曰く「ほし」と言っておりました。052422

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »